老けてみえる目の下のたるみは整形外科で治療しよう

レディ

美容整形とバストアップ

バスト

大きな胸は女性らしさを強調するだけでなく、全身がバランスよく見える効果もあり、バストアップを望む女性は多くいます。豊胸は一般的に美容整形外科で行われ、シリコンや脂肪などを注入して胸を大きくします。美容外科での豊胸治療に自宅でのケアを加えると、より高いバストアップ効果が期待できます。女性は胸をマッサージすることで女性ホルモンの分泌が活発になり、自然な豊胸効果を期待できます。美容整形の一環としての豊胸治療が外側からのアプローチなのに対し、マッサージはホルモンバランスを整える内側からの豊胸と言えます。自分でのマッサージが続かなかったり、敏感肌などのトラブルが心配な方は女性向けのエステを利用可能だと覚えておきましょう。

現在では美容整形外科での豊胸治療が多様化し、どれを受けるべきか迷うことが多くなっています。それぞれの治療の違いを理解した上で、最適なものを選ぶことに注意が必要です。従来からの代表的な豊胸治療として、シリコンの注入が挙げられます。人工物の注入はアレルギーなどの副作用が起こる可能性はあるものの、注入量を自由に増やすことができ、理想のバストを実現しやすい治療と言えます。近年シリコンに代わって普及しつつあるのが脂肪注入法です。自分の脂肪を使って豊胸手術を行うため、抽出できる脂肪量には限りがあるものの、自然な仕上がりで副作用も滅多に起こりません。他にも専用のクリームを塗るものや、処方薬による治療もあります。十分に情報収集をした上で、医師ともしっかり相談して豊胸治療法を決めましょう。